So-net無料ブログ作成

微かに聞こえる単語帳の運命 [その他雑感]

最近、私の頭の中で不穏な空気が漂い始めている。それは一見わかりづらくとも、この拙いブログをご覧いただいている方の中にはそんな私の微かな変化に気付いている方もいらっしゃるかもしれない。では、それって何だ? 

整いました!

「こまたつブログ」と掛けまして、

微かに聞こえ始めた「鈴虫の音色」と解きます。

微かに聞こえ始めた「鈴虫の音色」と解く、

その心は

どちらも、そろそろ秋(飽き)がやってくるでしょう。


パチパチパチパチ・・と、
まだまだ梅雨なのにくだらない心情を挟みながら、ギアを入れ直して本日の話題に入ります。


今日は、これ↓↓

CA1BE160-66B5-4E3A-B793-BAFF72B873E8.jpeg



その名を「現代文単語」、略して「げんたん」!

農水省の政策ではありません。高校生向け現国の副教材です。今週はうちの次男のテスト期間中らしく、これが今朝トイレに落ちていました。

私の高校時代には「しけたん」というのがありましたが、それは英単語で、漢字となると駿台予備校のものを使っていたような微かな記憶が残っています。ただし、副教材ではなく受験用として。

手に取ると毎朝
トイレに常備する日経新聞よりも面白そうだったので、その教材の中身をめくってみた。すると漢字だけではなく、外来語や小説必修語?として選ばれた慣用句、夏目漱石の『三四郎』『こころ』まで載っているではありませんか。これなら、無機質な文字だけが平坦に並んでいる教材よりも、退屈しなくて済みそうな気がします。


8E6CFB37-6D5F-4B51-B431-0923FE4B77AE.jpeg

D152881E-915F-4ABC-9CBF-5D43F97C0D96.jpeg

EF5D9DE9-0960-4E81-A39C-7185EADBAA52.jpeg

90490DE8-6896-49AD-9258-76FB8E05B58A.jpeg


今は昔に比べ文字を書くことが極端に少なくなり、また漢字を思い出せなくてもパソコンやスマホがあれば苦労することはありません。しかし、たま~に、人前で書類を読み上げるシーンなどでは、つい思いだせなくて恥をかくことがありますが・・・。

その内、自動翻訳機能がさらに進歩して、外国人とも普通に会話が出来るようになるでしょうし、難解な外国語の文献や古典であってもAIを使えば、ど素人でも簡単に解読できるようになる。そうなれば、その道の専門家などは存在価値を失い、さらに語学という学問自体がなくなってしまう可能性もあります。

学生時代、後生大事に持ち歩き手垢のついた単語帳などは、真っ先にこの世の中から抹殺されてしまうかもしれないと、一人トイレの中で単語帳の将来を案じてしまう困ったやつなのでした。おわり

秋はまだ先、頑張ろうっと! (^^)/~~~


トイレで読む、トイレのためのトイレ小説

トイレで読む、トイレのためのトイレ小説

  • 作者: 雹月 あさみ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: 単行本







nice!(99)  コメント(5) 

nice! 99

コメント 5

ちぃ

「でるたん」というのもあったような・・・w
これは嘘ばっかり書いている新聞よりも為になるかもしれませんねー^^
って息子くん、トイレに置き忘れちゃダメですよ(*>艸<)
by ちぃ (2019-07-04 17:43) 

JUNKO

まずは座布団3枚から。私の頃は満足な受験勉強法なんてなかった気がします。
by JUNKO (2019-07-04 19:57) 

ニッキー

へぇ、最近はこういう面白そうな本が
副教材なんですねぇ=(^.^)=
昔、単語帳に自分で英単語と意味を書いてたけど
あんまり覚えなかったなぁ(⌒-⌒; )

by ニッキー (2019-07-04 20:11) 

kiki

『春夏冬』
秋ない(飽きないww)
by kiki (2019-07-04 23:07) 

小松達也

(ちぃさんへ)
そう言えば、「でるたん」というのもありましたね。
記憶が曖昧でが、やっぱり私の時代は「しけたん」だったような・・・
今朝、「試験はいつまで?」
「昨日で終わった」
「感触は?」
「おう!」でした。(^^;

(JUNKOさま)
いやぁ~、座布団を三枚も頂いて、光栄です。^^
その後、お身体の具合はいかがですか?!
そんな折に、コメントありがとうございます。

(ニッキーさんへ)
そうそう、私も同じです。
単語帳を作ったことで、妙に安心していました。><

(kikiさんへ)
秋ないように頑張ります。
さすが、商人の街、大阪ですね。まさに、あきない!

by 小松達也 (2019-07-05 12:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。