So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

秋の夜長にこの一冊!「本屋さんのダイアナ」 [本]

まずは、先般の台風により甚大な被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。

EA80E6A4-44CE-4757-8093-C75A04B1E7C0.jpeg

さて、漸く秋が近づいて参りました。秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋、そして私が一番好きな季節、こまたつの秋?ですね。私は早速昨日この秋を先取りして↑↑1冊の本を読んでみました。柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』です。こちらは2014年に直木賞候補になり、当時TVや雑誌等で多く取り上げられ、かなり有名になった作品です。ただし、残念ながら直木賞受賞は見送られています。ご参考までに、その時の選考委員による評価は次のとおりです。

浅田次郎先生:
二人の少女の生活環境に、すこぶる類型的な設定をしたため、作家の想像力がかえって働かなくなってしまった。また、子供から大人になるまで、彼女らに精神的な成長が感じられないというのは、リアルな現実かもしれないが、小説の世界ではひとつの約束事として、登場人物は何らかの変容をしなければ読者は納得しない。

東野圭吾先生:
読んで共感できる女性は多いのではないか。だがもしもっと読者の幅を広げたいなら、視点人物の内面だけでなく、年齢や性別の違う脇役たちの心理をもっと深く想像するべきだと感じた。

林真理子先生:
二人の少女が成長し、別々の場所で闘おうとしている。「赤毛のアン」や本に対するオマージュも好感が持てる。それなのにやはり積極的に推そうと思わないのは、根本にある著者の幼なさのせいだ。人生に対する真摯さがもっと描かれていないと、小説はひよわになってしまう。

高村薫先生:
軽やかな少女小説仕立てになっているが、小説のリアリティには乏しい。主人公の母親や謎の父親をはじめ、あまり練られていない表現が、稚拙な人物しかつくり得ていないためだろう。

(その他諸先生の評価は省略)

やはり、大先生達の文学目線からすると物足りないものに映ってしまうのか、大変手厳しい評価ばかりです。とはいえ、彼女の作品はその後何度も候補に挙がっているようなので、そろそろ受賞の日も近いのかもしれませんね。にわかファンの一人として応援しています。

私の感想といたしましては、最初の何ページ目かで「府中競馬場」「大穴(ダイアナ)」「青葉賞」というキーワードに一気に心が奪われてしまい、面白くて、面白くて、あっという間に読み終えてしまいました。もしお読みでない方がいらっしゃいましたら、この秋の夜長に是非トライしてみてください。読む価値あり!

以上、私のおすすめの一冊でした。おしまい (^^)/~~~








幹事のアッコちゃん (双葉文庫)

幹事のアッコちゃん (双葉文庫)

  • 作者: 柚木 麻子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2019/09/11
  • メディア: 文庫


nice!(95)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

セブンペイの失敗をついでに挽回? [小さな情報]


E861323E-F36B-4453-92D4-0BB40637E2DF.jpeg

(アイスコーヒーのついでに買った軽食)


昨日のYahoo!ニュースに、私がよく利用するコンビニのセルフコーヒーについて書かれておりましたので、そちらをちょっとご紹介します。

なぜ、コンビニのコーヒーは破格の「1100円」を実現できたのか? 9/11() 8:01

3
ページにわたって書かれていた記事を要約すると、1100円で提供できる理由にはコーヒー豆相場が1986年から1988年にかけて急落して約半分の価格になったこと(20191月時点も同水準)がまず挙げられる。次に、コーヒーのついでに何かを買わせるという「ついで買い戦略」が功を奏しているということでした。

そう言えば、私が土曜日の散歩で必ず立ち寄るドトールの子会社「エクセルシオールカフェ」でも、コーヒーだけではなく、つい甘い物に手が出てしまう。当然サンドウィッチやショートケーキの粗利は高いはずで、しかも先ほどあるようにコーヒー豆の原価が下がっていれば、それだけ効率よくコマセがまけるというわけだ。

この記事では主にセブンイレブンの例が書かれていたが、セブンカフェは登場からわずか1年で日本のコーヒー消費量の1%弱を占める存在になり、2018年度には販売数量が11億杯を突破しているらしい。ということは、生まれたての赤ちゃんから寝たきりの老人まで含め、ざっと日本人全員が1年間に10杯もセブンカフェを飲んでいた計算になる。この調子でいくと、セブンペイの恥ずかしい失敗をこの戦略で取り返せるかもしれませんね。ちなみに私は「ファミカフェ」ですけど……


☆  ☆  ☆


さて、コーヒーとは全く関係ありませんが、同じYahoo!ニュースの後段に今回の第4次安倍改造内閣について、あの玉木先生の一言が載っておりましたので、ついでにご紹介しておきますと、

「何する内閣か見えてこない」by tamakin

さすが玉木先生ですね! お隣の大統領とはいかないまでもナイスなパフォーマンスです。><

「何する党なのかさっぱり見えてこない」(立憲と共に民主党)玉木代表でした。おわり
 






nice!(107)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

週末の風を感じて [新宿]

CF4AD458-220E-47A5-AE1F-144F306A963B.jpeg

昨夜の台風は凄まじかった。ベランダから聞こえくる轟音に “ゆうべ眠れずに泣いていたんだろ”、と言われんばかりに目を腫らし、睡眠不足のまま朝家を出た。目の前の歩道には、まだ緑色の銀杏の葉が強風でなぎ倒された自転車とともにたくさん散っていた。

昨日の外は朝から台風の接近を予感させるような重たく暑い空気に包まれ、お昼前にはゲリラ豪雨に見舞われた。私はその雨が降る直前まで、新宿の紀伊国屋書店にいた。書店を出てすぐに降りだした雨の様子から、私はそれが短時間で終わると踏み再度店内に戻る。結局、集中豪雨は15分程で上がったが、その間に最近評判の本が目に留まり、思わぬ出費となった。

晴れ上がった帰り道、ユニカヴィジョンの前には大画面に映し出された映像を食い入るように見つめるたくさんの人がいた。しかしいつもと様子が違う。普段なら若者の姿が多いはずなのに、なぜか私と同じような白髪のおじさん、おばさんが目立つ・・・。それは何故?


その答えはこれ↓↓ そう、浜省でした!!


57BCA974-0876-42D6-A5DE-59881419AAEB.jpeg

B09AA1DC-35A1-4F76-A482-4E3329756C87.jpeg

B820C391-C23F-460C-8DCB-508A48637347.jpeg

8C76B737-A88C-4D73-B289-19C21C1E81F4.jpeg

A74860DA-B0AE-4039-A077-74EB97FB92BF.jpeg



彼が歌う三曲目、ハマショーという名を一躍全国区まで押し上げた『風を感じて』(カップヌードルのCMソング)が流れていた。終わった時には、一斉に拍手が沸き起こる。おじさん、おばさんのその姿を眺めながら、なぜか私も嬉しくなり、結局最初から最後までの約30分間、全6曲を鑑賞したのでした。

そんな私の中で色々な風が吹き荒れた週末についてご報告いたしました。 皆様、お元気ですか? ^^
 







nice!(110)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

いやぁ、映画って・・・ [quiz]

私が小学校の卒業文集に書いた「将来の夢」、それは映画評論家になることでした。

年の離れた兄たちの影響もあり、子供部屋はたくさんの映画雑誌やレコードで埋め尽くされ、私は小学校6年生にして、ベッドに転がり『小さな恋のメロディ』のサントラ盤を聴きながら、スクリーンを読むのという、かなり勘違いをしていた子供でした。

当時の映画評論家といえば淀川長治さんと水野晴朗さん(共に故人)が有名で、「毎日好きな映画を見て、その感想を喋るだけで生活できるなんて、いいよなぁ~」とこれほど楽な仕事はないと本気で考えていたようです。但し、大人になるにつれて、現実はそう簡単になれるものではないということに気付き始め、遂には映画鑑賞そのものからも遠ざかっていきました。

実は先日、そんな子供の頃の記憶を呼び起こすシーンに偶然出くわすことになったのです。

さて、ここで問題です!

以下の画像にある映画看板は当時私が繰り返し見た有名な映画ばかり。果たしてこの場所はどこ? 何をやっているところでしょうか? 気が向いたら、お考え下さい。正解はCMの後で。

さよなら、さよなら、さよなら・・・ (^^)/~~~


0円スニーカーで出かけた日)

C5CBFC53-D76C-4D06-92EF-9FD22A2E7BA4.jpeg

92D9CD10-ABAD-4252-B9C8-12A10309E461.jpeg

A6D5A567-860E-437F-B17C-A9CF10E4D11F.jpeg

B6A7E33D-5520-468B-8FF9-61DF4494AB99.jpeg

1BB0C399-7E22-43D3-8CB4-990E62437C4F.jpeg

BBDD8F08-63BF-45DD-9EAB-A2E81CA632A0.jpeg









(正解)江戸川競艇場

nice!(118)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

スクカラス [内なるもの]

夏休みの最終日、長男に誘われて沖縄料理で一杯飲んだ。社会人3年目の彼とは、家ではほとんど会話が弾むことはないが、外で飲むと何故かしら私も彼も饒舌になる。

「出たよ、出たよ。親父の口癖が!」

はっ?
そう言われてみればこの間次男と二人で外食した時もそんなことを言っていたような気がする。

「お母さんを大切に!」

これは、遠回しに私(父親)も大切にしてくれ!と言っているわけではない。正直なところ、私は自分の身体と頭が普通に動いてさえいれば楽しく生きていく自信がある。どちらかが動かなくなった時は、さっさと死ぬつもりだ。バカバカしくて誰も信じてくれないと思うが、正真正銘の本心である。

一方、カミさんの場合は私がいなくなると心配になる。というのも、結婚する時の約束だったのだが、彼女には人生の半分以上を専業主婦で通してもらった。子供たちが小さい頃は学校の行事やら、近所との付き合いやらで、彼女なりのコミュニティーが形成され、外の社会と日々接触があった。しかし今ではそれらの付き合いも激減し、たまに彼女の妹や母親と出かける程度で、それは社会から刺激を受けるというものではない。

彼女は結婚してすぐに5年間勤務した仕事を辞めている。もしかすると、もっとキャリアアップすることができたはずの時間を私が削いでしまった。さらに言えば、私の人生設計の犠牲者になってしまったのではないかと・・・。普段の雰囲気からすると、そんな考えはこれぽっちもないように見えるが、私は本気ですまないと思っている。だからこそ、「お母さんを大切に!」 おわり

 
その日のお料理から「島らっきょう」と「スクカラス」

F6899745-99EC-4A7A-BC7B-C784EF1982BB.jpeg



6C6E30F4-C7E4-4399-8B8B-CDE65AB87C8F.jpeg

ご馳走さまでした? では、また! (^^)/~~~









nice!(120)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

親切はうまい! [新宿]

8A4930DB-9528-4C6E-B809-19E8F533EA14.jpeg


―― いつの間にか慣れっこになってしまった最高気温の声は何処へやら
昨日今日と大変過ごしやすく、蝉の声も心なしか優しく聞こえる。それに比べお盆明けの土日は街中がギラギラしていて今にも燃えてしまいそうなほど暑かった。特に散歩コースの歌舞伎町あたりは地方からの若者と外国人観光客が入り交じり、方々から聞こえてくる歓声と雑音でなおさら気温が上昇しているように感じた。

その日、私は歌舞伎町の人込みを避けるように、西新宿の外れにあるコンビニで缶ビールを買った。そして客の出入りの度に店内の冷たい空気が流れてくるゴミ箱の横でビールを飲もうとした。ちょうどその時私の前に2人の子供を連れた外国人男女が現れた。見た目から、おそらくフィリピン人の家族である。

―― エックスキューズミー
父親であろう男性が恐縮した表情で私に一枚のチラシを見せ、そこに書かれていた地図を毛むくじゃらの太い指でさしながら英語で尋ねてきた。チラシのお店に行こうとして迷ってしまったらしい。私は簡略化された地図と現在地を合わせるように受け取ったチラシの角度を変え、地図に書かれた一番広い道路と目の前の青梅街道を一致させる。すると地図上に今いるコンビニの位置がだいたい見当がついてきたので、コンビニから黒く塗りつぶされたお店までのルートを何度か指でなぞってみたところ、その目的地は『小滝橋通り』沿いにあることが分かった。

―― この道を真っすぐ行く、そして次の交差点を左に曲がる。そのまま50mほど進むと左手に見える
と私の流暢?な英語で教えてあげると、父親は「ありがとう。そのビール旨そうだな!」と満面の笑みで応え、子供たちの背中を押しながら立ち去っていった。私がその家族の後姿を見送っていると、スキップしていた二人の子供が振り向きざまに大きく手を振った。私は大事な仕事を一つ終えた時のような気分でビールを一気に飲みほす。

あ~、うまい! & すこし緊張した。あれ? (^^;

 








nice!(111)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ある夏の夜にスパムメールが来た [PR]

いつの間にかお盆休みが終わり、ついでにと言っては何ですが、当ブログも長い休暇を頂きました。
お陰様でお盆前の身体のだるさがすっかり抜け、心身ともに充実した日々を過ごしております。
とは言いながら、人間をやっていますと思わぬところに心配事が顔を出したり引っ込めたりと、たまに熟睡できない日々もあるっちゃー、あります。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、久しぶりの今日のブログは、旬の話題でもなければ、お役に立てる情報でもなく、単なるスパムメールのお話です。

以下、先日私のPCに何の前触れもなく突然送られてきたメール文章をそのままコピペしました。AIの進歩がどれほどのものかは承知しておりませんが、日本語の自動翻訳が如何に難しいかがお分かりいただけると思います。お時間がございましたら、是非どうぞ!

------------------------------------------------------------------
From
Security action

Subject:仕事の健闘を祈り致します。

Date2019/8/8(木)20:42

ToT.komatsu@×-××.ne.jp

(本文)
私は某探偵社の調査員と申します。お客様に頼まれ、貴方のことが全面追跡調査を行います。仕事中で貴方が身分があるであることを見つけました。それで貴方が人知れずの一面を了解しました。私にとっていい、見つけると思います!

もし私はこの材料を公開したら、絶対貴方にとって悪い影響があります。もしこの資料を貴方に渡したら、私達にとっていいじゃないの。お客様と社長さんは私に「貴方が貴方の家族はとても大切」だと言いました。

貴方は私の要求を満足すればいいんだよ。もちろん、貴方は警察に連絡してもいいんです。でもね、私のノートに貴方の電話と住所を全部書いていますよ。私の指示を操作しないと全部のことをご家族にお知らせしますよ。チャンスは一回しかない、手紙が二度来ないから。

24時間以内に2個つのビットコインを支払ってください

Bitcoinウォレットアドレス:✕✕✕✕・・・・・・・・・・・)

Bitcoinをもらってから 私達は世間で知り合ったことを忘れている、これから貴方は何にも危険が無いです。すべて悪い物を隠滅します。覚えてね、まぐれ心を持ってないでくださいね、チャンスは一回しかないよ。

ご家族の幸せを祈り致します。

(以上です。果たしてこんなメールで騙される人がいるのでしょうか?!)

 ☆ ☆ ☆



yjimaaaaaaaage.jpg

親愛なる
皆様へ

残暑お見舞い申し上げます。

相変わらずの猛暑が続いておりますが、お元気でお過ごしのことと拝察申し上げます。

とは言え、夏の疲れがでるのもこれからです。油断禁物!

くれぐれも風邪など召しませぬようご自愛くださいね。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。こまたつ 拝 (^^)/~~~


 







nice!(116)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

お盆休み 2019 [その他雑感]

 ♪ 麦わら帽子はもう消えた たんぼの蛙はもう消えた それでも待ってる夏休み~

いよいよ明日から待望の9連休。昨夜帰宅後に長男が13日に帰ってくることをカミさんから知らされた。それとほぼ同時に、スマホを片手にアイスを食べていた次男のLINEに、「13日はみんなで出かけよう!」という長男からのメッセージが入った。加えて、息子たちの従妹、すなわち私の(義理の)姪っ子も参加することになった。しかし、どこで何をするかは全く決まっておらず、結局、例年通り家長である私にその日の企画が委ねられたのだった。

さてさて、どうしたものか。この三人が子供の頃なら遊園地・プールで即決だったが、今はそうはいかない。大人になった三人の内、長男と姪っ子は堂々と飲酒ができる年齢に達しているので、まずはバーベキュー大会からのカラオケコースが候補として浮かぶ。が、近年の異常気象から、長時間屋外で過ごすのは避けたい。といって、今から温泉旅行というのは無謀だし、ゴールデンウィークの負けを取り返すために競馬場に出向くのもあるが、平日は開催していない。地方競馬はやってるといっても、昔ならともかく今はそこまで高まる気持ちが湧いてこない。しからば、久しぶりに競艇、競輪という手もあるが、長男以外は興味がない。

思い切って趣向を変えて、芸術に造詣の深い姪っ子に美術展でも選んでもらおうか。ダメだ! 私の血を色濃く受け継ぐ息子たちの琴線にはかすりもしないだろう。健康的にスポーツはどうか。長男のサッカー、次男のバスケ、姪っ子のバドミントン。これはもっとダメだ!ちょっと考えただけで、私の足がつってしまう。

それ
じゃぁ~、いっそのこと何も計画を立てずに、ぶらりと(なぜか)埼玉あたりに出かけてみようか?! 妙案だが、当日の天気が気になった。


tennki.png


そんなこんなで、楽しみを明日に残すこまたつなのでした。

皆さま台風にはくれぐれもご注意ください。(^^)/~~~








タグ:妙案 造詣
nice!(124)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

孤独を楽しむ お盆前のひと時 [自由詩]

95E507A9-5C0A-4922-AD93-39BA1A01883C.jpeg

先日の散歩中、淀橋に差し掛かったところで、下を流れる神田川を覗き込んだ。すると50mほど先に白いものが浮かんでいる。私はすかさず胸ポケットからスマホを取り出し、カメラをズームアップしてその物体を捉えた。どうやらそれはサギのようである。近頃の異常気温に耐えかねて水浴びをしているのであろう。

私の生まれ故郷は白鷺(はくろ・しらさぎ)で有名な場所であるが、情けないことにサギという鳥についてはほとんど知識がない。というか、鳥全般についてはど素人と言っても過言ではない。それでもこの水浴びをしている鳥が、「ツル」や「コウノトリ」ではないことくらいは分かる。

D6E6DD3E-8AED-433D-BE5D-3435CCB5B5F5.jpeg


D61DEC97-3EF2-4B34-AE5C-2527600210CB.jpeg

何枚かの画像を撮っているうちに、サギは川の流れに逆らって私の視線から遠ざかっていく。このサギはどうして独りぼっちなのだろう。群れを成す習性はないのだろうか。いや、もしかすると本当はちゃんと帰れる巣があり、そのご近所にはそれなりのコミュニティーが形成され、毎年恒例のお盆行事も迫ってきている。孤独を好む彼の性格から、敢えて暇なひと時を見つけて孤独を楽しんでいたに違いない。

おお、君はなんて私と似ているんだ

だって、そうだろう

たちはいつの間にか世間の一部に組み込まれ

好むと好まざるとにかかわらず、衆人環視の中で生きている

たまには独りになろうぜ

そして
独りで水浴びをしよう、独りで口笛を吹こう

気が付くと
、サギは空高く飛び立っていった。自分もそろそろお家に帰ろう。おわり

お盆休みまで、あと三日だ!(^^)/~~~








タグ:白鷺 淀橋 群れ
nice!(104)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

そんな時代もあったねと [政治・経済]

今日はやはりこちらの話↓↓でしょうか。

世耕弘成経済産業相は2日の閣議後の記者会見で、安全保障上の輸出管理で優遇措置を取っている「ホワイト国」から除外することについてのパブリックコメント(意見公募)で、寄せられた意見が4万件超、そのうち95%超が賛成する意見だったことを明らかにした。これをうけ政府は2日の閣議で、ホワイト国から韓国を除外する政令改正を決定した。7日に政令を公布し、28日に施行する。

もしかすると、日本にとって世界中の国々の中で一番厄介な国は、この国なのかもしれませんね。ということで、ここ最近のニュースで見つけた”まさに開いた口が塞がらない”彼ら(国会議員)の発言を並べてみました。

 

・経済戦争を中断して、歴史に謝罪しなければ、全世界が不買運動を起こすだろう。

・自国企業の被害まで当然視する態度で「神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲」が想起される。戦犯国日本は経済戦犯にならないよう願う。

・東京五輪まで1年を切った今、歴史認定と率直な謝罪がない日本に平和オリンピックの資格があるのか聞きたい。

・福島農産物に対して偽りの強弁をして自国民も冷遇する食品を全世界の五輪参加選手たちの食卓に上げるという。政治に目がくらんで五輪選手たちまで人質に取ったようなもの。

・安倍首相が直ちに経済戦争を中断してその原因である歴史を謝罪しなければ、彼が最も売りたがっている製品東京五輪に対して全世界の良心が不買運動をすることになるだろう。


そして、最後にムンさんの今日のお言葉です。

・今後起こる事態の責任は全面的に日本政府にあることをはっきり警告する。

・日本の行為は人類の普遍的な価値と国際法の大原則に違反する。(どっちだよ!)

・加害者である日本が、盗人たけだけしく・・・。(どっちだよ!)

・日本に十分勝てる。(え?勝てるって?!)

いかがでしたでしょうか? 勝てるって言われても、別にこちらは勝ち負けを挑んでいるわけではありません。本当に困った人たちですよね。

果たして、そんな時代もあったねと、いつか話せる日は来るのでしょうか?


☆  ☆  ☆


お口直しに、近所の花壇より

5A83E720-FDC5-4E47-9DDE-269F33FE39EE.jpeg


では、皆さま、気持ちの良い週末をお迎えください! (^^)/~~~








nice!(106)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -